読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

量子コンピュータって何?

GoogleとNASAが共同で“量子コンピューター”研究所を設立 -INTERNET Watch

ちょっと前にこんな記事を読みました。

Googleの目的は、機械学習を進展させる可能性がある量子コンピューティングについての研究だとしている。機械学習には、数学的にNP困難と呼ばれる計算に天文学的な時間がかかる問題があり、これをより高速に解くために量子コンピューターが役立つとGoogleは考えている。

との事ですが、よく分かりません。
とりあえず、面白そうな動画がありました。


2重スリットの実験 - YouTube 

上の動画によると、「電子が観測されるまでは、『どっちの隙間を通るか通らないか』の全ての可能性を持っている」っていうとこにヒントがありそうですね。

Open ブログ: ◆ 量子コンピュータの嘘

下品になるが、プレイボーイの比喩で言おう。
20人の女がいるとする。ここで、三つのタイプがある。
一番いい女を得るのに、どの女がいいかわからないで、一つ一つ女を味見するタイプがいる。(ノイマン型)
一方、見てわかる情報(足首や口の形)から、上手に見当をつけて、ダメな19人をさっさと切り捨てて、見事に最適の女を見つけるタイプがいる。(量子コンピュータ型)
一方、一度に 20人の女を同時に処理できる精力タイプもいる。(並列CPU型)

以上の三つを、ちゃんと区別しよう。

また、人工知能が出来るかもしれないそうですが、既存のコンピュータで原理的に計算できないことは、量子コンピュータにも計算できないそうなので、量子脳理論みたいな、いかにも「不思議」って感じの思想とは違うみたいです。

Google さん達はとりあえず、実用のためというよりも (本物かどうかも含めて) 検証用にD-Wave 社量子コンピュータを入れたんじゃないかなと思いました。